ロストイントランスレーションアイキャッチ

ロスト・イン・トランスレーション スカーレットヨハンソンの美しすぎる魅力と全盛期

ロスト・イン・トランスレーションはスカーレットヨハンソンの美しさ全盛期を収めた作品。当時19歳の彼女の名演とセクシーな魅力。草薙素子役として攻殻機動隊への出演も決定。
 
 

ハリウッドで一番ギャラの高い女優スカーレットヨハンソンの全盛期

今やハリウッドの大女優のスカーレットヨハンソン。ハリウッドで今、一番ギャラが高い女優と言われ2016年、映画興行情報サイトのBOX Office Mojoが発表した「史上最も興業収益を上げた俳優・女優ランキング」で、第10位(女優では第1位)を獲得。

そんな彼女の全盛期を収めた作品、ロストイントランスレーション。当時、19歳の彼女の美しすぎる魅力と美貌が溢れ出る傑作。

2017年公開予定のハリウッド映画、攻殻機動隊ghost in the shellの草薙素子役としての出演が決定しています。

ロスト・イン・トランスレーションのあらすじ

CM撮影のために東京に滞在中の落ち目の俳優ボブ・ハリス。彼と同じホテルに泊まっているシャーロット。彼女は写真家の夫の付き添いで東京にやって来た。

言葉も通じない習慣も違う日本に戸惑い、ホームシックになるボブとシャーロットは、ホテルのバーで出会い互いにこの旅で初めて安心感を抱ける一時を過ごすことができた。

製作費4億円で130億円の興行収入!ロスト・イン・トランスレーションのみどころ

tokyo

監督のソフィアコッポラは、”地獄の黙示録”や”ゴットファーザー”の監督として知られるフランシス・フォード・コッポラの娘。

製作費4億円という低予算、東京での27日間の撮影で制作された今作は、全世界で130億円以上の興行収入となる大ヒットを収め、2004年のアカデミー賞では、主要4部門の作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞にノミネートされアカデミー脚本賞を受賞した。

外国人の視点から見た、日本、東京の街で誰にも気づかれない孤独を感じるスカーレットヨハンソン当時19歳とは思えない名演。そして、美しさは観る人誰もを釘付けにします。
[adsense]

 

ロスト・イン・トランスレーションの概要

  • 公開: 2004年4月17日
  • 上映時間:102分
  • 監督:ソフィア・コッポラ
  • キャスト:スカーレット・ヨハンソン、ビル・マーレイ
考え中…
Post: 2016年08月26日
 
人気のエイガトーク