メゾンドヒミコ

メゾンドヒミコ BLなオダギリジョーに西島秀俊

女子を中心にBLという言葉が使われ出したのはごく最近。2005年公開のメゾンドヒミコはオダギリジョーに西島秀俊という超イケメンな二人がゲイというストーリー。まさにBL作品ですがイケメンだからこそ許される。
 
 

BLとは美しい男性にのみ許された言葉かもしれない

監督、犬童一審、主演にオダギリジョー、柴咲コウと実は豪華なキャスティングのメゾンドヒミコ。老いたゲイの為の老人ホームで過ごすゆったりとした愉快で少し切ない優しい時間。

オダギリジョーに西島秀俊という高身長かつイケメンの二人がゲイ役でBLなんて・・・。好きな女子にはきっと堪らないものがありますね。

メゾンドヒミコのあらすじ

OLの沙織は借金を抱え、割のいいアルバイトを探していた。ある時、ゲイである父(田中泯)の恋人・春彦(オダギリ・ジョー)が訪ねてくる。父が癌で余命幾ばくもないと言い、父が造ったゲイのための老人ホームで働かないかと言う。

自分と母を棄てた父を恨んでいる沙織であったが、借金を返す為に仕事を引き受ける…。

明るいゲイと美しいゲイ!メゾンドヒミコのみどころ

メゾンドヒミコ

オカマだとあまり気にならないのにゲイと言われると構えてしまう不思議。

作中には色んなタイプの同性愛者が登場します。明るいゲイ、面白いゲイ、根暗なゲイ、紳士なゲイなどなど。

とりわけ目立つのは、オダギリジョーと西島秀俊という超絶イケメンかつ高身長な二人。BLが世に浸透しだしたのは最近になってからで、この映画が公開された2005年頃はまだボーイズラブと言う言葉はありませんでした。

日本の俳優を代表する美しい男性二人のBL感、個性豊かなゲイ達、困惑する美人な女子の掛け合いが妙に癖になる作品です。

[adsense]

 

メゾンドヒミコの概要

  • 公開:2005年8月27日
  • 上映時間:131分
  • 監督:犬童一心
  • キャスト:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊
考え中…
Post: 2016年09月01日
LastUpdate: 2016年10月10日
 
人気のエイガトーク